道場を紹介します

【村上藤弓会】 
道場概観(道場入り口方向から)
平成23年4月14日撮影
垜・看的所
間口13m 6人立ち
射場内・脇正面
奥行き7.5m
平成24年3月14日撮影
退場口と廊下
平成24年3月14日撮影
雪囲いの中での新年射会
平成26年1月12日撮影
矢道
平成26年矢道前方にネット増設
近隣の名所:藤基神社
平成26年1月1日撮影
藤基神社
村上市内にある村上藩主内藤侯を祀る神社で、嘉永2年(1849年)に当時の
工匠がその技を結集して8年の歳月を費やして造り上げた総檜造りで、
有磯周斎よる「かご彫り」と呼ばれる彫刻の傑作を各所に残している。

藤弓会の「藤」の字はこの神社の名前の一字「藤」をいただき命名された。
また藤弓会の紋として第17代内藤信行氏から家紋の使用を許可された。
昭和37年藤弓会創立当時この神社の境内の矢場で稽古が行われた。
奉納射会(例大祭5月15日開催)は昭和55年雨天中止となり、途絶えていたが平成25年5月15日復興した。

メニュー

大会・行事写真

大会・行事の写真をご覧下さい。

県内団体紹介

県内団体をご覧下さい。