上越弓道連盟 規約

第 1 章  総 則
(名称及び組織)
  第1条  この会は、上越弓道連盟(以下「本会」という。)と称し、上越市および付近在住者であって、
       弓道を愛好し本会に入会した者を以って組織する。
(目 的)
  第2条  本会は、弓道の普及、振興に努め体力の向上と武道精神を養い、弓道を通じて会員相互の親睦を
       図り、進んで社会の進展に貢献することを目的とする。
(事 業)
  第3条 本会は第2条の目的を達成するため、次の事業を行う。
     (1)各種の大会の開催
     (2)全日本弓道連盟、新潟県弓道連盟および各地区弓道団体が主催・共催する大会への選手派遣
     (3)講習会、研修会等の開催
     (4)会員の功績に対する顕彰
     (5)その他目的達成に必要な事業
(事務所)
  第4条 本会の事務所は、会長の定める所に置く。

(会員資格)
  第5条 本会の会員は、本会の規約に同意の上所定の入会申込書を提出し、入会金及び会費を納入した者
      により構成される。
   2 会長は、ジュニアスポーツクラブ参加者に対し、必要に応じて、審査の受審・大会の参加に際し、
      理事会の承認を得て会員資格を与えることができる(以下「準会員」と称する。)。

第 2 章  機 関
(議決機関)
  第6条 本会には、次の機関を置く。
     (1)総 会
     (2)理事会
(総 会)
  第7条 総会は、本会の最高機関であって、全会員で構成し、出席人員により成立する。
   2 定期総会における前項の会員は、総会開催日までに会費を納入している者とする。
   3 臨時総会における第1項の会員は、臨時総会開催告知日現在会費を納入している者とする。
   4 総会に欠席する会員は、出席する会員に議案について委任することができる。委任する場合には、
      委任状を会長に提出するものとする。
   5 総会の議長はその都度選出する。議決は出席者の過半数で決定し、賛否同数の場合は議長が決する。
(総会の招集)
  第8条 定期総会は毎年1回、会長が招集する。
   2 臨時総会は、必要がある場合には理事会の承認を経て会長が招集することができる。
(総会の議決事項)
  第9条 総会では、次の事項を議決する。
     (1)事業報告および決算の承認
     (2)事業計画および予算の承認
     (3)役員の選出
     (4)規約、規則jの変更
     (5)その他の重要な事項
   2 総会の議事については、議事録を作らなくてはならない
   3 前項の議事録には、総会出席者のうち2名が署名する
(理事会)
  第10条 理事会は会長、副会長及び理事(以下「理事会組織員」という。)で組織する。
   2  理事会は、会長が招集する。
   3  理事2分の1以上の要求があった場合、会長は理事会を招集しなければならない。
   4  理事会を招集するには、会日より1週間前に副会長及び理事に対し、その通知を発しなければなら
      ない。
      但し、緊急を要する時は、その期間を短縮することができる。
   5  前項の通知には、会議の日時、場所及び会議の目的たる事項を記載しなければならない。
   6  理事会は、副会長及び理事全員の同意があった時は、招集の手続を経ないで開くことができる。
(理事会の決議)
  第11条 理事会は総会に次ぐ議決機関であって、本会の業務執行は、理事会の決するところによる。
   2 理事会の議長は、会長とする。但し、その他の理事会組織員の3分の2以上の指名により理事会組織
      員の中から議長を指名することができる。
   3 理事会は会長及びその他の理事会組織員の3分の2以上が出席し、その議決権の過半数で議決する。
      可否同数の場合は、議長が決する。
   4 理事会の決議について特別の利害関係を有する者は、議決権を行使することができない。この場合の
      議決権
の数は、前項の議決権の数に参入しない。
(理事会の審議事項)
  第12条  理事会は、次の事項を審議する。
      (1)総会に提出する議案
      (2)規程、細目の制定改廃
      (3)会長から付託された事項
      (4)前各号に掲げるもののほか本会の業務執行に関する事項
(議事録)
  第13条 理事会の議事については、議事録を作らなくてはならない。
   2 前項の議事録には、議事の経過及び要領及びその結果を記載し、会長以外の理事会組織員のうち2名
      が署名する。

第 3 章  役 員 等 
(役 員)
  第14条  本会には、次の役員を置く。
      (1)会 長  1名
      (2)副会長  2名
      (3)理 事  6名
      (4)監 事  2名
(役員選挙規則)
  第15条  役員の選任に関し必要な事項は、別に規則で定める。
(任 期)
  第16条  第14条の役員の任期は、就任後第2回目の定期総会の終結の時までとする。
   2 補欠による役員の任期は前任者の残任期間とする。
   3 役員は再任されることができる。
(役員の選出)
  第17条  第14条各号に定める役員は総会により選出する。ただし、役員に欠員が生じた場合で必要がある時
       は、理事会の承認を得て会長が指名するものとする。
(役員の退任)
  第18条  役員は、退会した時又は総会において解任の決議があった時は、退任する。
(役員の任務)
  第19条  役員の任務は、次のとおりとする。
      (1)会長は本会を代表し、会務を総理する。
      (2)副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
      (3)理事は本会の運営にあたる。
      (4)監事は会計を監査し、総会に報告する。
(事務の分掌)
  第20条  本会にその業務を分掌させるため次に掲げる局ないし部を置く。
      (1)事務局
      (2)総務部
      (3)会計部
      (4)指導部
      (5)育成部
      (6)競技部
   2 前項に関する事項で必要な事項は、別に規則で定める。
(費用の支弁)
  第21条  役員等(理事会組織員、各部局部員、委員)に対し手当を支給することができる。
   2 前項並びにその他の費用等の支弁に関して必要な事項は、別に規則で定める。
(顧問および名誉会員)
  第22条  本会に顧問および名誉会員を置くことができる。
   2 顧問および名誉会員は、会長の推薦により総会において選出する。
   3 顧問および名誉会員は、会長の諮問に応ずるものとする。

第 4 章  会 計 
(収 入)
  第23条  本会の収入は会費、入会金および補助金その他の収入による。
   2 前項に関して必要な事項は、別に規則で定める。
(支 出)
  第24条  本会の支出は、総会の議決を経た予算により執行する。ただし、緊急やむを得ない場合、理事会を
       経て支出することができる。
(会計年度)
  第25条  本会の会計年度は、毎年1月1日に始まり、12月31日で終わる。
(資産の管理)
  第26条  本会の資産管理は会長が責任をもって行う。

第 5 章  入会および退会
(入会・退会の手続き)
  第27条  本会の入会および退会については、別に定める様式により届け出を行うものとする。
   2 前項の様式は、理事会で定める。
(会員の統制)
  第28条  本会の会員である者が、次の各号の一つに該当する場合、理事会の決議を経て除名する。
      (1)会費を不法に納入しない者
      (2)本会の規約に違反し、会の統制を乱した者
      (3)本会に多大の損害を与えた者

第 6 章  雑 則
(慶弔および顕彰)
  第29条  本会会員の慶弔については、慶弔慰を表す。ただし、特別の場合には、理事会に諮り処理するもの
       とする。
(その他)
  第30条  この規約に定めのない事項について、新潟県弓道連盟の規定(規約および諸規程)を準用すること
       ができる。


  附 則(平成30年2月25日定期総会決議)
  この規約は、平成30年2月25日から実施する。

  附 則(平成31年2月24日定期総会決議)
  この規約は、平成31年2月24日から実施する。

  附 則(令和3年2月21日定期総会決議)
  この規約は、平成3年2月21日から実施する。

規約

リンク

県連HP
県内団体